×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

個人再生のデメリットを考えてみた

個人再生のデメリットとは

個人再生は自己破産と異なって、今の借金の中で一定の金額で、
約2割但し最低100万円を原則3年で最長5年の分割払いで、
債権者に返済していくといったことが前提の手続きになっていて、
利用して継続的にあるいは反復して、
収入を得られるような見込みがあると言ったことや定期的な収入があって、
収入の変動が小さいといったことが条件です。
個人再生のデメリットも知っておくべき。。

 

そしてまずは失業状態の方には、通常は利用することが難しいと言ったことがありますが、
正社員でなければならないといったこととは必ずしも言えないのです。
そしてアルバイトやパートの方であっても状況次第では利用できます。

 

そして個人再生手続きは裁判所に申し立てして行くといったことであり、
手続きは厳格で必要書類も多くて、手間と時間がかかってきます。

 

そして再生計画を立案するといったことで複雑な計算が日地うようであるといったことなど個人で行っていくにはかなりの困難があります。

 

そして、個人再生は、申立手数料が1万円、そして、余納金が
1万2千円かかってきて、さらには裁判所によっては
個人再生委員を専任するようなことがあって、その報酬は約20万円となっています。

 

そしてこのように個人再生は政務生理の中で費用がとてもかかってくるのです。
また、手続きとして何度がとても高いので、
弁護士や司法書士に依頼してみるときには報酬は多少割高となるのです。