×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自己破産費用ってどれくらい?安くできないのか?

自己破産って費用はどれくらいかかるのか?

いざ自己破産をしようと思って気になるのがその費用。
お金が無いからできるだけ安く済ませたい。
でも自己破産の相場なんて考えたことも無い。
誰に聞けばいいのか分からないのでネットで調べてみた。
自己破産の費用って?
弁護士報酬は料金帯系も複雑で分かりにくい。
安いところを選べばいいものでも無いらしい。
自己破産出来る最低金額(借金の金額)
借金を抱えて返済に苦しんでいる人の中に、「借金がいくらだったら、自己破産を認めてくれるのか?」と悩んでいる人がよくいます。自己破産というのは「返済不能」が条件だけなので、金額の多寡は関係ありません。
当たり前ですが、借金の額が多くても収入が高額ならば返済が可能ですし、借金の額が少なくても収入が微々たるものの場合は返済ができません。従って、自己破産の最低債務額はいくら、などという規定はありません。
例えば、親の介護のために仕事の時間があまりとれないような場合には、借金が数十万円でも自己破産が認められることがあります。また、会社が倒産して収入が途絶えても、再就職することで返済が可能であれば、自己破産は認められません。
なお、一つの目安としては、現在の債務額を3年(36回払い)で返済する計画を立てた時に、収入から返済額を引いた金額で生活ができるかどうかがカギになります。
ちなみに、自己破産を申し立てる時には家計の収支表を提出することになるので、家計の中に無駄使いがあると免責の判定に影響を与えます。
例えば、1人暮らしなのに家賃が10万円もするマンションを借りているとか、食費に5万円を掛けているとか、光熱費が3万円も掛かっているなどというようなことがあると、節約をすれば返済は可能と判断されます。
なお、最近は悪意による借金でなければ、ギャンブルなどの浪費による借金であっても、免責許可となるケースが増えています。

更新履歴